最近、腫瘍循環器リハビリテーション(CORE)が注目されています。COREとは、がんリハビリテーションと心臓リハビリテーションが互いに補完しながらケアを進める、患者中心の個別化医療です1

 超高齢社会を迎え、がん罹患者数は増加しましたが、がん医療の進歩による年齢調整死亡率の低下と合わせて、結果的にがんサバイバー数が急増しつつあります。

 そのなかで、がん治療の完遂とがんサバイバーの長期予後向上を目的とする、腫瘍循環器学という新しい学際領域が誕生しました2

 腫瘍循環器学では、従来から知られる放射線療法や抗がん薬の心毒性に加え、近年登場した分子標的薬や免疫チェックポイント阻害薬などの新薬で顕在化した、多彩な心血管疾患(CVD)、すなわちがん治療関連心血管毒性(CTR-CVT)に対応します。

 さらに、CVDリスクを有する患者さんに対するがん治療や、あるいはCTR-CVTを合併したがんサバイバーに対する長期フォローアップも、腫瘍循環器学の課題です。

 最近公表された腫瘍循環器の診療ガイドラインでは、がん治療前、治療中、治療後のリスクに基づいてCTR-CVTの予防・診断・治療を計画することが推奨されています3。 

この記事は会員限定記事です。